ブログ初心者

Googleアナリティクスに複数サイトを追加する方法!別ドメインの追加は簡単!

Googleアナリティクスに複数サイトを追加する方法!別ドメインの追加は簡単!

新しくサイトを立ち上げました!2つ目以降のサイトをGoogleアナリティクスに追加する方法を教えてください。

今回はこのような疑問にお答えします。

1つ目のブログ運営に慣れてきたら、2つ目3つ目と複数のサイトを立ち上げる人は多いと思います。

Googleアナリティクスのアカウントは1つ目のサイトの時にすでに作成済みなので、今後はサイトの追加登録をするだけになります。

この記事の内容

  • Googleアナリティクスにサイトを追加する手順
  • 自分のアクセスがカウントされないよう除外する

複数のサイトを追加するのは、初回のアカウント作成よりも簡単なのですぐに終わりますよ!

また最後に、自分のアクセスがカウントされないよう除外設定のやり方についても説明します。

Googleアナリティクスにサイトを追加する手順

Googleアナリティクスに複数サイトを追加する方法

すでに持っているGoogleアナリティクスのアカウントを使い、2つ目以降の複数サイトを追加する手順です。

step
1
Googleアナリティクスにログイン

Googleアナリティクスにログインし、「管理」→「プロパティを作成」に進んでください。

アナリティクスでプロパティを作成

step
2
プロパティを作成

必要項目を入力し、「詳細オプションを表示」をクリックします。

プロパティを作成

step
3
ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成

右端にあるボタンをクリックして青色にしましょう。

ユニバーサルアナリティクス_プロパティの作成

オンにすることで、新しい「GA4」というアナリティクスと旧式の「UA」というユニバーサルアナリティクス、両方が同時に作成できるようになります。

サイトのURLを入力し、下のように「両方を作成する」にチェックし、「次へ」をクリックしてください。

サイトURLの入力と両方作成にするにチェック

step
4
ビジネス情報を入力

業種は、自分のサイトのジャンルに近いものがなければ「その他」でOKです。

規模と利用目的も選びます。

ビジネスの概要

「作成」をクリックし、表示された画面を終了しましょう!

step
5
トラッキングコードをサイトに設定

管理画面 → プロパティを選択しましょう。

「GA4」と「UA」が作成されていますが「UA」のものを選んでください。

「トラッキング情報」→「トラッキングコード」へ進んでください。

管理画面からトラッキング情報へ

トラッキングコードをクリックして下の画面になっていればOKです。

トラッキングコードの画面

ではトラッキングコードの設置方法を紹介します。

設置方法は主に3つあり、どれか1つの方法で設置してください。3つとも紹介します!

トラッキングコードの設置方法3つ

  • 方法①:SEO対策用のプラグインに貼る方法(例:SEO SIMPLE PACK)
  • 方法②:導入しているWordPressテーマに貼る方法(例:AFFINGER)
  • 方法③:WordPressに直接貼り付ける方法

どんなWordPressテーマを使っていようがカンタンに設置できるのが①のプラグインに貼る方法です。

どこに設置するかは自由ですし、途中で設置場所を変えても大丈夫です。ただし、2重に貼らないようにだけしてくださいね!

方法①:SEO対策用のプラグインに貼る方法

SEOプラグインには「All in ONE SEO」や「Yoast SEO」などありますが、ここではわたしが利用している「SEO SIMPLE PACK」を例に説明しますね!

日本製で複雑でなくてシンプル。「All in ONE SEO」のようにバグや干渉もないのでおすすめのプラグインです。

SEOプラグインにアナリティクスのIDを貼っておけば、今後どんなWordPressテーマにデザインを替えようがテーマ側でいちいち設置しなくてよくなります

それでは、トラッキングIDをコピーしてください。

トラッキングIDをコピー

「SEO SIMPLE PACK」がインストールされていることを前提に進めます。

WordPressの「SEO PACK」→「一般設定」を開きましょう。「Googleアナリティクス」のタブをクリックします。

SEO-SIMPLE-PACK_トラッキングID

コピーしたトラッキングIDを貼り付けて終了です。必ず保存をクリックしてください!

方法②:導入しているWordPressテーマに貼る方法

Affingerを例に紹介します。

WordPressテーマによってはコードを貼る場所が違ったりしますが参考にしてみてください。

それでは、トラッキングIDをコピーしてください。

トラッキングIDをコピー

「AFFINGER 管理」→「Google広告/AMP」を選択し、下の画面に移動します。

数字の部分のトラッキングIDを貼り付けます。

アフィンガーにトラッキングID

画面下にある「save」を必ずクリックして保存してください。

方法③:WordPressに直接貼り付ける方法

WordPress利用者であればどんな方でも設置できるのがこの方法です。

トラッキングコードをコピーしてください。

トラッキングコード

WordPressの管理画面から「外観」→「テーマエディター」をまず選択します。

「編集するテーマ」を選び、「header.php」をクリックしてください。

wordpress_header.php

MEMO

「header.php」が見つからない方は、編集するテーマが子テーマになっている可能性があるので、親テーマを選んで探してみてください。

“ウェブページの <HEAD> 内の最初の要素として貼り付けてください”と書かれているので、ずらっと書かれているコードの中から<head>タグを探してその直後にトラッキングコードを貼ります。

wordpress_headタグにペースト

上のように貼り付けたら、「ファイルを更新」をクリックして完了です。

アクセス計測ができているか動作確認をしよう

正常に計測できているか確認しますので、まず自身のサイトをスマホかPCで開いてください。

今、あなたのサイトに訪れているのはあなた本人なので、訪れているユーザー数は1名となるはずです。

Googleアナリティクスのトップページを見て、「アクティブユーザーのリアルタイム」に1と表示されていればOKです。設定して1分後くらいに反応すると思います。

リアルタイムユーザー数

自分のアクセスがカウントされないよう除外する

Googleアナリティクスに複数サイトを追加する方法

正確なアクセス解析を行うために、自分のアクセスがカウントされないように設定しておきます。

自分のサイトを自分でたくさん閲覧したり、長時間見ていたりすると正確なデータの収集ができません。

自宅や会社のIPアドレスからのアクセスを除外する方法で、2つの手順で終わりますのでぜひやっておいてください。

step
1
除外するIPアドレスを調べる

まず除外するIPアドレスを調べますので、サーバー監視/ネットワーク監視サービスのページにアクセスして、現在のIPアドレスを確認します。

IPアドレスをコピーしておきます。

IPアドレス

step
2
Googleアナリティクスでフィルタ設定

Googleアナリティクスを開き、「管理」→「フィルタ」へ進んでください。

Googleアナリティクスでフィルタ設定

続いて、「フィルタを追加」をクリックしてください。

フィルタを追加

下の画像を見て項目を埋めていきましょう。

IPアドレス除外

記入内容

  • フィルタ名 : 自由に入力してOKです
  • フィルタの種類 : 「定義済み」「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択
  • IPアドレス : さきほどサイトで調べたIPアドレスです

入力したら一番下にある「保存」をクリックして完了です!

自分のアクセスが除外されているか、Googleアナリティクスの「ホーム」または「リアルタイム→概要」をクリックして確認しましょう。

設定後すぐに反映されないことがあり、3〜5分ほど時間を必要とする場合があります。

自宅だけでなく職場などでもサイトを見るのであれば、それらの場所のIPアドレスを確認し、フィルタを追加しておくといいですね。

MEMO

スマホは移動先により変則的にIPアドレスが変わります。

外出時にむやみにアクセスするのを避けて、スマホであっても登録したフィルタの場所でのみ見るようにすれば、より正確なデータが取れますよ。

まとめ

Googleアナリティクスに複数サイトを追加する方法!別ドメインの追加は簡単!

2つ目以降のサイトをGoogleアナリティクスに追加する方法を解説しました。

サイトを複数立ち上げるたびに、アナリティクスへの追加やサーチコンソールへの追加登録をしてくださいね。

サーチコンソールへの追加方法は、Googleサーチコンソールの設定方法【アナリティクス導入後なら2分】に書いてあります。

パーマリンクやプラグインなどWordPressの初期設定に不安にあるの方は、WordPressインストール後にまずやることにまとめてありますので良かったら参考にしてください。

-ブログ初心者