ブログ初心者

Rinkerの設定方法と使い方をどこよりも詳しく解説!カスタマイズ方法も

Rinkerの使い方をダウンロードから設定方法まで詳しく解説【よくある疑問も解決】

・Rinkerの導入方法と実際の使い方が知りたいです
・Rinkerをもしもアフィリエイト経由で設定すると何か違いってあるのですか?

このような悩みを解決します。

この記事の内容

  • Rinkerを導入する前の準備
  • Rinkerのダウンロードと設定手順
  • Rinkerの使い方【リンク設置方法】
  • Rinkerよくある疑問

RinkerはAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどへのリンクをまとめてくれる以下のような商品リンクです。

Rinkerの設定方法と使い方は難しくないのですが、Rinkerの初心者が必ず抱く疑問点がいくつかあり、それが最初分かりにくいんですよね。

古い情報も多く、疑問を解決するためにいろんなサイトを見て回り、この記事を書くのに30時間以上かかりました。

設定方法と商品リンクを作成する以外に、初心者が抱きやすい疑問点も解決しながら進めていきますので参考になると思います。

MEMO

・Rinkerの最大のメリットはマイクロコピーを自動で入れてくれるCOPIAというプラグインが併用できることです。また商品リンクのデザインや色などのカスタマイズは、少しややこしいですが自分好みに変えることもできます。

・かんたんに手間なく済ませるなら「Pochipp」というプラグインも最近は人気があります。基本設定はどちらもほぼ一緒です。Amazonアソシエイトに合格していなくてもAmazonでの商品検索ができるのがメリットです。マイクロコピーの挿入は一部自動ですがほぼ手動入力です。

Rinkerを使う前の準備

Rinkerを導入する前の準備

Rinkerを使ってAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングのサイトそれぞれからアフィリエイトの収益を発生させるためには、準備しなければいけないことがあります。

  • Amazonから収益を得るために、Amazonアソシエイト or もしもアフィリエイトに登録
  • 楽天から収益を得るために、楽天アフィリエイト
  • Yahoo!から収益を得るために、バリューコマースに登録

それぞれについて説明していきます。

Amazonのアフィリエイトリンクを作成

Amazonから収益を得るためには、「AmazonアソシエイトのID」 or「 もしもアフィリエイト経由のAmazonID」どちらかをRinkerに登録します。

Amazonアソシエイトの審査にまだ正式に通過していない場合は、AmazonアソシエイトのアクセスキーやIDを登録できないので「 もしもアフィリエイト経由のAmazonID」をRinkerに登録することになります。

本家Amazonアソシエイトの審査に正式に通過していれば以下の機能が使えます。

  • Rinker内でAmazonで商品検索ができる(もしものAmazonIDだと楽天での商品検索になる)
  • 価格の表示機能
  • リンク切れをチェックしてくれる機能

Amazonアソシエイトに興味のある方は、Amazonアソシエイトの登録手順と報酬を得るための使い方で登録方法を解説していますのでチェックしてみてください。

Amazonアソシエイトに合格してない場合は、もしもアフィリエイト経由でAmazonのIDを登録しなければいけません。ちゃんと報酬は発生するので安心してください!

もしも経由だと上記の3つの機能は使えませんが、報酬額が1,000円を越えれば銀行に振り込みされるというメリットがあります。(Amazonアソシエイトだと5,000円以上の報酬になったら振り込み)

MEMO

もしも経由で使い続けても全く問題はありませんが、売上レポートはAmazonアソシエイトの方が見やすいですし、リンク切れチェッック機能、Amazonでの商品検索ができるといったメリットは大きいので、審査に合格したらもしもアフェリエイトからAmazonアソシエイトに切り替えるのが良いと思います。

>>もしもアフィリエイトの登録はこちら

楽天のアフィリエイトリンクを作成

楽天からアフィリエイトの収益を得るには、「楽天アフィリエイトID」 or 「もしもアフィリエイト経由の楽天ID」どちらかをRinkerに登録します。

おすすめは「本家の楽天アフィリエイトID」です。

なぜなら、報酬アップのキャンペーンが頻繁に行われているので、もしもアフィリエイトよりも報酬が高くなることがあるからです。

ただし、本家の楽天アフィリエイトの場合、発生した報酬は楽天キャッシュと呼ばれる電子マネーで支払われます。

Memo

3ヶ月連続で毎月3,000円(楽天キャッシュ)を超える成果報酬を獲得した場合は、成果報酬を全額銀行振込に変更できます(審査あり)

もしもアフィリエイト経由の楽天であれば、初めから報酬が現金振り込みです。

初めのうちは3,000円稼ぐのは少し難しいので、最初から現金振り込み希望であればもしもアフィリエイト経由の楽天IDで登録するといいでしょう。

Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクを作成

Yahoo!ショッピングの広告アフィリエイトを取り扱っているASPは、「もしもアフィリエイト」と「バリューコマース」の2つです。

Yahoo!ショッピングの成功報酬

  • もしもアフィリエイト経由 → 0.77%
  • バリューコマース経由 → 1%

バリューコマース経由の方が報酬率が高いので、バリューコマースに登録してからYahoo!ショッピングと提携しておきましょう。

>>バリューコマースの登録はこちら

Rinkerのダウンロードと設定方法

Rinkerの導入と設定手順

Rinkerを使うには、プラグインを導入してAmzon、楽天、Yahoo!それぞれのアフィリエイトの設定をしていきます。

Rinker設定手順

  1. Rinkerをダウンロードして有効化
  2. AmazonのアフィリエイトIDをRinkerに登録
  3. 楽天のアフィリエイトIDをRinkerに登録
  4. Yahoo!のアフィリエイトIDをRinkerに登録

Amazonの設定については、「Amazonアソシエイト」「もしもアフィリエイト」の2パターンを紹介します。

楽天の設定については、「楽天アフィリエイト」「もしもアフィリエイト」の2パターンを紹介します。

前述したように理想は以下の登録方法です。

  • Amazon:Amazonアソシエイト(審査に合格してない場合は、最初はもしも経由のAmazon)
  • 楽天:楽天アフィリエイト(報酬アップのキャンペーンが多い)(最初から報酬を現金でもらう場合はもしも経由の楽天)
  • Yahoo!ショッピング:バリューコマース(紹介料率が高い)

それでは順番にやっていきましょう!

①:Rinkerをダウンロードして有効化

Rinkerのプラグインは通常のプラグインのようにWordPressで検索しても見つからないです。

公式サイトからRinkerのプラグインをダウンロードします。

>>Rinkerのダウンロードはこちら

Rinkerダウンロード

Rinkerのダウンロードには「pixivのID」が必要になるので、持っていない方は作成してログインしましょう。

pixivIDでログイン

ダウンロードしたら、「ZIPファイルのまま」WordPressへアップロードします。

ZIPファイルは解凍しない
「ZIPファイルのまま」WordPressへアップロード

「今すぐインストール」をクリックして、少し時間がたつとアップロードが完了します。

最後に「プラグインの有効化」をクリックして終わりです。

Rinkerの設定画面は、「設定」の中にあります。

管理画面からRinker設定を選ぶ

②:AmazonのアフィリエイトIDをRinkerに登録

Amazonのリンク設定は、正式な審査に通過しているならAmazonアソシエイトを、そうでなければもしもアフィリエイト経由でまずは登録しましょう。

「Amazonアソシエイト」と「もしもアフィリエイト」での2パターンの登録方法を紹介します。

AmazonアソシエイトのIDをRinkerに登録する場合

まずはAmazonアソシエイトにログインします。

「ツール」 → 「Product Advertising API」をクリック。

Product Advertising API

承認されたアソシエイトアカウントがなければこの先に進めません。

PA-APIが利用できない

もしも経由での登録方法はこの後に説明してあります。

Amazonアソシエイトに正式合格している人は、「PA APIアクセスのリクエスト」をクリックしてください。

PA-APIアクセスのリクエスト

「アクセスキーID」と「シークレットキー」が表示されます。

認証情報は発行時しか確認できないのでダウンロードしておくことをおすすめします。

amazonのアクセスキーとシークレットキー

WordPressの「設定」→「Rinker設定」へ進み、アクセスキーとシークレットキーを入力しましょう。

amazonのアクセスキーとシークレットキーをRinkerへ

ちなみに、今後新しいサイトを何個作ろうが、このIDとシークレットキーは同じです。コピーしてRinkerに入力してください。

続いてAmazonアソシエイトのトラッキングIDをコピペします。

Amazonアソシエイトの右上の「メールアドレス」→「トラッキングIDの管理」をクリックし、表示されたトラッキングIDをコピーしてください。

Amazonアソシエイトの「トラッキングIDの管理」

Rinkerの設定画面に戻り、コピーしたトラッキングIDを貼り付けましょう。

また、今後新たにサイトを作った時は「トラッキングIDを追加する」でIDを作ってサイトごとに貼り付ければ、サイト別にレポートを確認できます。

Rinkerに「トラッキングID」をペースト

最後に、Amazonボタンのリンク先を「リンク先を商品の詳細画面にする」に設定しましょう。

amazonリンク先を商品の詳細画面に

RinkerにAmazonのIDが設定できました!一番下にある「変更を保存」を必ずクリックしてください。

次の説明は、本家Amazonアソシエイトに合格していない人のための説明です。もしもアフィリエイト経由でAmazonを登録する場合です。

もしもアフィリエイトのAmazon IDをRinkerに登録する場合

もしもアフィリエイト検索画面で「Amazon」と検索。

もしもでAmazon検索

検索結果の最後の方にAmazonの広告があります。

Amazonの「広告リンク取得」をクリックしましょう。

まだAmazonと提携していない場合は、まずはAmazonとの提携を申請しますが、審査に2〜3日ほどかかると思います。

Amazonの「広告リンク取得」をクリック

ID番号は、「a_id=〇〇」7ケタの数字です。コピーします。

Amazonのa_id

「もしもアフィリエイト設定」のAmazonIDの箇所に、取得した7ケタのIDを入力しましょう。

AmazonのIDをRinkerに入力

「もしもリンク優先ショップ」の「kindle」と「Amazon」にチェックを入れます。

MEMO

本家、もしも両方のIDが登録可能です。「もしもリンク優先ショップ」にチェックを入れるともしものリンクが使われます。本家Amazonアソシエイトで利用する場合は「もしもリンク優先ショップ」のチェックは外しましょう。

③:楽天のアフィリエイトIDをRinkerに登録

楽天のリンク設定は、「本家の楽天アフィリエイト」と「もしもアフィリエイト経由の楽天」の2パターンの登録方法を紹介します。

わたしは報酬アップのキャンペーンがある本家の楽天アフィリエイトを登録しています。

まず初めに、どちらで登録しようが必ず必要になる楽天アプリIDの登録について説明しますので、下記のURLをクリックして発行していきましょう!

楽天アプリID
https://webservice.rakuten.co.jp/

「アプリID発行」をクリック。

楽天Developers

分かりやすい「アプリ名」と「自分のサイトのURL」を入力します。

アプリ新規作成フォーム

Rinkerで利用する分には他は全て空欄で大丈夫なので、「新規アプリを作成」をクリックします。

一番上の「アプリID/デベロッパーID」をコピーします。

「アプリID/デベロッパーID」をコピー

WordPressのRinker設定画面の「楽天」→「アプリID/デベロッパーID」に取得したアプリIDを入力し、保存して完了です。

Rinker設定画面の「楽天アプリID/デベロッパーID」に入力

これで、Rinker内で「楽天市場から商品検索」ができるようになりました。

次に楽天IDをRinkerに登録して行きますが、本家楽天アフィリエイト or もしもアフィリエイト経由の楽天、両方説明しますのでどちらかの方法で設定してください。

楽天アフィリエイトIDをRinkerに登録する場合

楽天アフィリエイトIDを確認します。

>>楽天アフィリエイトIDの確認はこちら

楽天アフィリエイトIDをコピーしましょう。

楽天アフィリエイトIDを確認

Rinker設定画面の「楽天」の項目へいき、楽天アフィリエイトIDを貼り付けます。

楽天アフィリエイトIDを貼り付ける

これで完了です!

もしもアフィリエイトの楽天 IDをRinkerに登録する場合

もしもアフィリエイト経由で楽天IDを取得する方法を紹介します。

もしもアフィリエイトで「楽天市場」と検索。

もしもアフィリエイトで「楽天市場」と検索

「広告リンク取得」をクリックします。
まだ楽天市場と提携していない場合は提携しましょう。

楽天市場の広告リンクを取得

ID番号は、「a_id=〇〇」7ケタの数字です。

楽天市場のID

取得した7ケタのIDをRinkerに入力しましょう。

「もしもリンク優先ショップ」の楽天市場にチェックを入れます。

もしもアフィリエイトに楽天IDを入力

※本家、もしも両方のIDが登録可能ですが、「もしもリンク優先ショップ」にチェックを入れるともしものリンクが使われます。

④:Yahoo!のアフィリエイトIDをRinkerに登録

バリューコマース経由でYahooショッピングの設定をしていきます。

バリューコマースを開き、「ツール」から「LinkSwitch設定」へと進みます。

バリューコマースのツール→LinkSwitch設定

一番下の「LinkSwitchを利用開始する」をクリック。

LinkSwitchを利用開始する」をクリック

表示されたコードを全てコピーします。

LinkSwitchのコードをコピー

Rinker設定画面の、「Yahooショッピング(バリュコマース)設定」の部分に、コピーしたコードを貼り付けます。

Yahooショッピング(バリュコマース)設定にコードをペースト

Google Analytics トラッキング

最後に、Google Analyticsの設定にチェックを入れましょう。

Google Analyticsの設定にチェック

商品のクリック数などのデータは、Googleアナリティクスの「行動」⇒「イベント」で確認できます。

設定が終わったら「変更を保存」で完了です!

Amazon、楽天、Yahoo!の3つのアフィリエイト登録だったので少し長くなりましたね。お疲れさまです!

Rinkerの使い方【リンク設置方法】

Rinkerの使い方【リンク設置方法】

さっそく、商品リンクを作ってみましょう。

物販の商品リンクの作成方法は2通りあります。

  1. 先に管理画面で商品リンクを作成しておく
  2. 記事を書きながら投稿画面で、商品リンク作成

それぞれ説明していきます。

使い方①:先に管理画面で商品リンクを作成しておく

あらかじめ商品リンクを登録しておくと、いつでもそのリンクを呼び出すことができます。

WordPressの管理画面から、「商品リンク」 → 「新規追加」をクリック。

「商品リンク」 → 「新規追加」をクリック

次に、「商品情報を取得」をクリックします。

「商品情報を取得」をクリック

商品検索して、「商品リンクを追加」をクリック。

商品情報を取得

注意

・Amazonアソシエイトに正式合格している人でIDを登録している場合は「Amazonから商品検索」が利用できます
・AmazonアソシエイトのIDが未登録の場合、「楽天市場から商品検索」のみの利用になります

リンクの飛び先を確認しておくと安心です。

リンクの飛び先を確認
本家でなければ検索画面に飛ぶ

MEMO

もしもアフィリエイトのAmazonID、楽天IDでの利用の場合、Amazonも楽天も検索画面に飛びます。
本家のアフィリエイトである「Amazonアソシエイト」「楽天アフィリエイト」のIDを登録すれば、商品の詳細画面に飛ばすことができます。

私はAmazonは「商品詳細」、楽天とYahooは「検索画面」にしています。

右側にある「公開」をクリックする。

ショートコードが生成されるので、これを投稿に貼り付けると商品リンクになります。

ショートコードをコピーして投稿に貼る

プレビューを見ると、

Rinkerの商品リンク

使い方②:記事の投稿画面で、商品リンク作成

GUTENBERG(グーテンベルグ)の投稿画面から商品リンクを作成する場合は、「レイアウト要素」のところにRinkerのブロックがあります。

「レイアウト要素」の中にRinkerのブロックがある

「商品リンク追加」をクリックします。

「商品リンク追加」をクリック

商品検索して、「商品リンクを追加」をクリック。

投稿にショートコードが入力され完了です。

プレビューを見ると

一度作った商品リンクは他の記事でも使いまわせます。
また、作成した商品リンクを修正すると、貼られている商品リンク全てが一括に修正されるので大変便利です。

商品リンクを作ってしまえば、記事を書いている最中でもいつでも呼び出せます。
ショートコードをコピーして貼るより楽です。

Rinkerの使い方【よくある疑問】

Rinkerよくある疑問

ここからは必須ではないですが、疑問に思うことやカスタマイズについて説明しますので参考にしてみてください。

  • 新サイトを複数作成した場合はどうすればいいか
  • 商品を扱ってないショップボタンを消したい
  • 「Amazonで探す」のようなボタンの文面に変更
  • Rinkerクレジット(Created by Rinker)を削除する方法
  • 価格を非表示にする
  • リンクの飛び先を商品の詳細画面にしたい
  • 色や文字など見た目のカスタマイズ

サイトを複数作成した場合

Rinkerを2つめ、3つめのサイトでも使う場合について説明しますね。

  • Rinkerのプラグインをアップロードする
  • Amazonアソシエイトの認証キー(アクセスIDとシークレットキー)は常に同じなので、1つめのサイトのものをコピーすればOK
  • 楽天のアフィリエイトIDとアプリIDも何個サイトを作ろうが常に同じ
  • もしも経由のAmazonと楽天は、サイトごとにもしもアフィリエイトで提携すること。もしもの場合はサイトごとにIDが異なる

Amazonアソシエイトに合格している人はトラッキングIDは何個でも作れます。サイトごとにクリック数や売れた商品が知りたい場合は、トラッキングIDをサイトごとに作ってRinkerの設定に貼り付けるといいですよ。
もちろん1つのトラッキングIDを使い回してもOKです。

商品を扱ってないショップボタンを消したい

商品によってはAmazonにだけあり、他のショップには商品がないこともあります。

取り扱いがない場合は、商品URLの部分を空っぽにするだけで、そのリンクボタンが消えます。

「Amazonで探す」のようなボタンの文面に変更

デフォルトのショップボタン「Amazon」「楽天」「Yahooショッピング」を、「Amazonで探す」などに変更することが可能です。

記事内で投稿したショートコードに「alabel=" "」「rlabel=" "」「ylabe=" "」を追加すればボタンの文言を変更できます。

itemlink post_id="●●"  alabel="Amazonで探す"  rlabel="楽天市場で探す"  ylabel="Yahoo!ショッピングで探す"

これらのコードを追加した商品リンクだけ文言が変わります。

ボタンの文面を一括で変更したい場合は、開発者やよいさんのnoteを購入することで、カスタマイズの方法を知ることができます。

使用中の子テーマのfunctions.phpへ記載します。

>>Rinkerへのご支援とカスタマイズ方法の表示

Rinkerクレジット(Created by Rinker)を削除する方法

「Created by Rinker」の文字を消す場合は、こちらも開発者やよいさんのnoteを購入することで、カスタマイズの方法を知ることができます。

文言と同じく、使用中の子テーマのfunctions.phpへ記載します。

>>Rinkerへのご支援とカスタマイズ方法の表示

価格を非表示にする

WordPressのRinkerの基本設定で価格を非表示にすることができます。

Rinkerの基本設定で非表示にした場合は、全体の設定なので全ての商品リンク価格が非表示になります。(もしも経由の場合はならないかも)

単体で非表示にしたい場合は、作成したショートコードに「price="-"」と追加したらOKです。

itemlink post_id="●●"  price="-"

リンクの飛び先を商品詳細の画面にしたい

Amazonと楽天は、商品リンクをクリックすると「商品詳細の画面」か「検索画面」どちらに飛ばすか選ぶことができます。

必要なことは、Amazonなら「AmazonアソシエイトのID」、楽天なら「楽天アフィリエイトのID」をRinkerに設定することです。

もしもアフィリエイト経由のAmazonと楽天だけでは、下の写真のようにRinker上で「商品の詳細画面」を選んでも検索画面にしか飛びません。

リンク先を商品詳細か検索画面か選ぶ

Amazonアソシエイトに合格していない場合は、もしも経由でしか利用できませんのでAmazonは検索画面に飛びます。

楽天を商品の詳細画面に飛ばしたい場合は、本家の楽天アフィリエイトIDを設定しておきましょう。

楽天のアフィリエイトIDを確認して、Rinkerの設定画面で貼り付ければ完了です。

私は、Amazonは詳細画面、楽天は検索画面に飛ばすようにしてあります。
Yahoo!ショッピングは必然的に検索画面になります。

色や文字など見た目のカスタマイズ

WordPressにCSSを追加すれば、ボタンの色や大きさなどRinkerのデザインを変更することができます。

わたしは、@Bearface18さんが運営するブログ、Rinker(リンカー)のカスタマイズ!デザインをシンプルにしてみるを参考にさせていただきました。

記事内に「CSSコードの追加方法」の記事も紹介されているので、初心者はそちらも読むといいと思います。

まとめ:WordPressの物販アフィリエイトならRinker!

まとめ:WordPressの物販アフィリエイトならRinker!

Rinkerの設定は以下が理想であることをもう一度記載しておきます。

この記事のまとめ

  • Amazon:Amazonアソシエイト(審査に合格してない場合は、最初はもしもアフィリエイト)
  • 楽天:楽天アフィリエイト(報酬アップのキャンペーンが多い)(最初から報酬を現金でもらう場合はもしも経由の楽天)
  • Yahoo!:バリューコマースに登録(紹介料率が高い)

Amazonアソシエイトによる設定ができていない場合は以下のようになります。

  • Rinker内の商品検索は楽天での検索になる
  • 価格の表示機能が使えない
  • リンク切れをチェックしてくれる機能が使えない

Amazonアソシエイトは、Amazonのアフィリエイトを通して3件の購入が確定した時に、初めて正式に審査されますので、それまではもしもアフィリエイト経由で利用するしかありません。

少し長くなりましたが、Rinkerという素晴らしい商品リンクを使ってこれから利益を上げていきましょう!

Amazonアソシエイトをまだ登録していない方は、以下の記事を参考にまず申請をしてみてください。

Amazonアフィ
Amazonアソシエイトの登録方法と報酬を得るための使い方
Amazonアソシエイトの登録方法と報酬を得るための使い方

ASP無料登録

・Amazonアソシエイト

https://affiliate.amazon.co.jp/

・もしもアフィリエイト

https://af.moshimo.com/

・バリューコマース

https://aff.valuecommerce.ne.jp/

えどがわ

◆2020年、40歳の時にブログを始めました ◆「返り咲きたい人たちを救う」をミッションに掲げ、悩みを持つ人たちの現状打破の参考になればと当ブログを運営 ◆ブログ収益:全く稼げない8ヶ月を経験→ゼロから徹底的に勉強→ブログノウハウの構築 ◆情報をまとめるのが好き ◆何歳であっても、武器の無い弱き人でも人生は変えれます!

-ブログ初心者

Copyright © 返り咲きブログ, All Rights Reserved.